TNO Pharma Home Page

CONTACT
ENGLISH
Organ-on-a-chip

TOWARDS A PERSONALISED IN VITRO TEST SYSTEM
CONTRACT SERVICE, TECHNOLOGIES OPEN FOR PARTNERING

Intestinal Explant Barrier Chip (IEBC)

サンプルイメージ

医薬品や栄養素の吸収、代謝、自然免疫系や微生物環境への影響を検証することを可能とするIntestinal Explant Barrier Chip (IEBC)を開発しました。
現在、個人間の変動を反映する様々な個人由来の腸組織やORGANOID、および腸内細菌叢を使用し、様々な疾患を標的にした個別化医療(Precision Medicine)を支援する Population-on-a-Chip の開発に取り組んでいます。

特徴・取り組み
  ヒト腸組織の適用が可能。組織のViabilityとFunctionalityを48時間維持。
  薬物や栄養素の自然免疫系への影響を検証することが可能です。
  現在IEBCをヒト腸内細菌叢と組み合わせ、薬物吸収と免疫応答における宿主-微生物相互作用の影響を検証中です

  技術資料ダウンロード:
   Intestinal explant barrier chip: long-term intestinal absorption screening in a novel microphysiological system using tissue explants. (Publication, The Royal Society of Chemistry 2021)
  Flow influences functioning of fresh human intestinal tissue in the inTESTine Chip (Poster at ISSX-2019)
  GUT ON-A-CHIP: tissue based human intestinal barrier model for studying host microbe-immune responses. (Poster at JSSX-2019)
  I-Screen: Ex vivo human microbiome platform to study microbiome induced metabolism of drugs and their metabolites.(Poster at JSSX-2019)

Liver-on-a-Chip・In vitro liver fibrosis model

サンプルイメージ

Hepatic Steatosisを特徴とする非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)、肝線維化を呈する Liver-on-a-Chip の開発に取り組んでいます。 ヒトプライマリーセル (Hepatocyte, Hepatic Stellate cell, Kupffer cells)、 遊離脂肪酸(FFA)、 TGF-βを用いた3D肝臓スフェロイドモデルで、 Steatosisの誘導、参照薬(Pioglitazone、Fenofibrate) によるSteatosis、および線維化促進性細胞活性化への抑制作用についてのデータが得られています。

特徴・取り組み
  病態生理学的にSteatosis、早期線維化症に似た状態を再現するダイエット誘発性NAFLD/NASH 3D in vitroモデル
  初代ヒト細胞(Hepatocyte, Hepatic Stellate cell, Kupffer cells)から形成される肝スフェロイドは少なくとも21日間細胞機能の維持が可能
  Intestine-on-Chipと組み合わせたADME modelの開発

  技術資料ダウンロード:
   Development of a diet-induced diseasemimicking in vitro model of non-alcoholic steatohepatitis / fibrosis.(Poster)

Organ on a Chip ウェビナー情報

2022年3月9日(水)に開催されたウェビナー「ORGAN ON A CHIP: BRIDGING BIOLOGY AND TECHNOLOGY IN EFFICACY AND ADME TESTING」を下記 Link より on demand にてご視聴いただけます。
ご視聴にはメールアドレス等の登録が必要です。(所要時間:60分  動画推奨ブラウザ: Google Chrome)
  Program:    You can watch this webinar on demand via this link:


ページトップへ戻る